美肌革命Ⅲ〜美活マニア流〜素肌との対話【あなたの洗顔料を探せ】

  • どのタイプの洗顔料がいいの?
  • お気に入りはありますか?
“Mei”

こんばんは美活マニアのMeiです。

今回もスキンケア。

あなたにあった洗顔料の探し方をご紹介します

それではきらめく美肌へご案内です。

この記事を読み終えることで

美肌の基礎知識や、洗顔料の特性をタイプ別に比較検討し、今の自分にあったものを選べるようになります。

前回は、洗顔の3つのポイントや、美肌に必須の知識。肌のPhについてのお話でした。

まだ読んでない方はこちらからどうぞ。

美肌革命Ⅱ 日本一簡単な洗顔とスキンケアのお話【洗顔実技編】

今回は「美肌革命Ⅲ 〜美活マニア流〜素肌との対話【あなたの洗顔料を探せ】です。

前半では、洗顔料の「タイプ別・長所・短所」。今のあなたにあった洗顔料の探し方など。

後半では、美肌マニアのおすすめ洗顔料です。

あなたの身体や心は日々あなたに語りかけています。その声を出来るだけ拾ってあげてください。

お肌と対話できるようになると、グッとお肌のことがわかるようになるんです。

さらに美肌に近づける。日々これ以上。

【素肌との対話1 】お肌からの警告 〜扉をあけて〜

気づいてますか?〜お肌からのメッセージです〜

あれ?『最近ニキビ増えたかも』のあなた。『メイクちゃんと落ちてない』のあなた。そんなあなたは清掃力弱すぎサインかも。

あれ?
『洗顔後に肌が突っ張るかも』のあなた。

『洗顔後に赤くなったりヒリヒリ』のあなた。こっちのあなたは清掃力強すぎサインかも。

カラダや心は常に何かしらのメッセージを送ります。

こんな時は今使っている洗顔料やクレンジングがお肌にあってないのかも知れません。いったん立ち止まって、お肌と対話してみましょう。

意外と出口は近いことも。

こんな時はもう一度見直すための時間です。ゆっくり次の一歩を始めるための。

【素肌との対話2 】わたしに合う洗顔料

洗顔料は大きく分けるとタイプが5つ。

形状による特徴や違いや、メリット・デメリットなど、簡単に紹介していきます。

あなたに合う洗顔料。私に合う洗顔料。

洗顔料って洗浄力が強ければいいわけじゃないですよね?ここがポイントです。

実は優しければいいってわけでもなくて。洗わなすぎもダメだったり。

メイクや肌質に合わせる。その時々のタイミングで、お肌の状態に合った洗浄力を見極めてみる。

洗顔料を上手に使い分けて、素肌美人を目指したいですね。探ゆっくり探していきましょう。

ここでタイプ別の長所・短所や特性。シンプルにわかりやすく説明していきます。

固形石鹸

メリット

洗浄力が高い。さっぱり洗える。

分解が速い。皮膚上でのアルカリ性はすぐに失われる。

低コスト・コスパがいい

デメリット

アルカリ性のため脱脂作用が強い。

アルカリ性による皮膚・粘膜の刺激性がある。

とけやすい。

クリームタイプ(フォームタイプ)

メリット

容器がチューブタイプの物が多く手軽に使いやすい。

種類が多く色々な種類のものから選べる。

低コスト・コスパがいい。

デメリット

泡立ちをよくする添加物が比較的多く使用されている。

界面活性剤を多く含むため刺激を感じやすい。

ジェルタイプ

メリット

水分を多く含む特徴で清涼感がある。

洗浄力が高くさっぱりする。

ジェルが余分な皮脂を包み込みながら取り除いてくれる。

デメリット

洗浄力という点では少し物足りない。

よく洗い流さないとぬるぬる感が残ってしまう。

パウダータイプ

メリット

水分を使用しないため、製品そのものの持ちが良く添加物が少ない。

肌表面を滑らかにするだけでなく、柔らかい肌へ整えてくれる。

酵素などが配合されているものが多く、毛穴の奥に詰まった汚れを落としてくれる。

デメリット

泡立ちにくい。

酵素タイプは肌に刺激があるため毎日は使えない。

泡タイプ

メリット

泡立てそのものの必要がないので時短。

デメリット

泡立ちを良くするために化学成分が配合されている製品も多い。

手で泡立てた泡よりも水分を多く含むため泡が保たない。

強い界面活性剤を配合しているものもある

ざっとこんな感じです。ある程度タイプ別の特性がわかったと思います。

次に私が実際使ってみて、肌に優しいかも。って印象の石鹸の紹介です。
美活マニア的には石鹸タイプが1番しっくりきて好きです。

その中でも、しっとりと優しい使い心地だったミノン スキンソープ(80g)【MINON(ミノン)】【ファンケルのボディソープ(石鹸)】かな。

洗顔パウダーもいいけど石鹸タイプが好きですね。

石けんは健康な肌の方には、とてもおすすめな洗顔料ですが、肌バリア機能が低下している肌の方、アトピーの方や乾燥肌の方には負担になる恐れもありますので注意が必要です。

花王 Kao curel(キュレル)泡洗顔料(150ml)[泡洗顔]も、使用後の乾燥がマイルドでよかったです。

まずは自分にあったものを少しづつ試してみてください。きっといつか、あなたのお気に入りが見つかります。

素肌との対話【あなたの洗顔料を探せのまとめ】好き・・・ キライ・・・

これ。合う。合わない。友達と一緒に買った。でも使った感想が違った。

これ。好き。嫌い。肌質だったり、どんなメイクをしているか。

生活習慣だったり、みんな人それぞれ違うから。自分に合うタイプもそれぞれ違う。

なので、

洗顔料選びのポイントはしっかり自分の肌と対話を重ねること。

その繰り返しがあなたの肌を輝かせる。その上で自分に合うもの、見つけていってもらえると嬉しいです。

洗顔料っていろんなタイプがあるし。簡単に『このタイプがいいよ』って全員に言えないですよね。

あなたに合ったスキンケアも。それぞれ。自分に合うものを一緒に探していけたらいいですよね。

美肌のエッセンスは、こんなありふれた日常に紛れています。

ここでのポイントをヒントに、上手に紡ぎ合わせて、あなたなりの輝く美肌、作り上げてみてください。

きっと今より素敵に笑うあなたが待っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

あなたの美肌が輝きをますように、これからも情報を発信していきますね。

次の記事はこちらから

美肌革命Ⅳ〜肌荒れのあなたがするべき5つのこと〜【荒れた肌の処方箋】